過去日記 2006年2月

2006年02月28日(火)13:08

マブラヴオルタ 終了

ということでプレイ完了。
ところどころにちょっとしたネタばれを白文字で入れてます

3年という歳月をかけて作品だけあって
シナリオとしてはなかなかにボリュームがある気がする。
まぁ単純に読むのに時間のかかるシステムであるわけですが。

このシステムに関しての評価は分かれるでしょうが、
私はおおむね好感的です。
音声の音場解析もそうですが、立ち絵の距離感なんていうのは
今までに無かったものですし。
テキストの表示が少ないのも「映画字幕」と捉えれば
なるほど、これはこれでありなんじゃないかと思える。
地の文を読むのはちょっとつらいけど。
あくまで「ゲーム」ではなく「アニメーション」として捉えれば
という思想ですけどね。
<唯一の分岐が反映されるのが、元の世界へ戻る前に
<桜の木で受け取る最後の手紙(遺書)くらいじゃないのかと
<思えるので、それはゲームとは呼べないだろうともいえる。

それと、ショップ店員が言っていた「続きがある」云々の
コメントですが、完結していると思われる。
といいますか、あれから続けるというのはせっかくの作品を質を
落としてしまうと思いますねぇ。
もし続編というのが、ファイナルエピソードの更なるゲーム化
というのであれば、それはやめておいたほうがいいのでは?と。

結論としては、非常に客層を選ぶ作品に仕上がっています。
ライターの主義主張や思想がかなり色濃く反映されている。
まぁ私もかなり過激な物言いをするいわゆる右っぽい人ですが
そんな比じゃないです。これがドラマだったりしたら多分大変。

あとは、かなりの戦記物。
正直、軍隊のシステムやら戦略戦術など、基礎知識として
理解していたほうがよりスムーズに作品に入り込めるかも?
とはいえ、そのあたりの知識の無い私ですら熱くなれる
ストーリー展開はなかなかだと。

あと、君望もそうですが。
age伝統の精神的なプレッシャーやらダークさは
それはもうたっぷりと組み込まれています。
とあるシーンなんて「アァン これぞage!!」って思える部分が。
<監禁陵辱肉体改造なんざ、まさにageだよなぁと。あの淡々と
<読んでいくところ。あれは正直どきどきする。
<しかし、これって。強大な呪いだよなぁ
<平行世界を巻き込んでの、純粋な想いの行使。

いずれにしても、私は高評価。
「学園恋愛物」って言う枠で買った人はいないと思うけど
萌え萌え言ってるような人には絶対お勧めできない。
そういう人は「俺のキャラ萌えをかえせ〜〜〜」って
感じになりますね。


なんにしても疲れた。
当面は何もせずに、早めに寝るとしようorz


<遙死んじゃったのね;;


・ゆ〜り(2006/02/28 15:37)
スタッフロールにも出ていた通り、明らかにちゃんと3年待ったユーザー層しか考えてない製品でしたね。
ageは今後大丈夫なんだろうか、と心配になるくらい。

シナリオは置いといて、完成度とかについての感想を書くと、演出は凝りすぎてすごい。たとえば、PXで宗像中尉と話している最中、周囲をうろうろするタマとか。
だけど、ここまで凝ったんだからもう一歩踏み込んでほしかった。一番気になったのは戦闘シーンの紙芝居だか人形劇だかわからないカットシーンの連続。わざわざパタパタアニメで動かしてくれなくていいですから。あと突然延々と講義を始める夕呼先生と伊隅大尉。顔アップで口パクが延々つづくのは勘弁してください。

テキスト。さすがに3年掛けただけあって、臨場感があり、違和感が無い。ただ、強烈なボリュームには辟易。
言うなれば、「誰でもココイチの1300gが食えるわけじゃねーぞ」みたいな。
イベントを削って完成度を上げるって考えはなかったのかなぁ。というか、このボリュームなら紙でくれ。一本道なのは、経緯的には仕方ないかなぁと。

気に入ってるのになんかけなすばっかりの文章になってしまいましたとさ汗。
るー(2006/02/28 23:18)
あーなんかわかりますな。
私も今自分トコでレビュー書いてますが、
気に入ってるのに何処か貶すような文章が先に来てしまう。
それこそココイチ1300完食組故の苦心なのかも。
・ぶどう(2006/03/01 10:25)
「オルタを待っていた皆様」ってねw
まぁたしかに待ちましたよねぇ・・・・・・
ちょっとさかのぼってマブラブやってみるかなぁ

しかし、二人とも。
評価は高いけど、酷評。
ココイチ1300食ったこと無いけど
こういう気持ちになるのか・・・・・・

2006年02月27日(月)17:14

沖縄のラム

PA0_0086.JPG 240×400 36K都内某所。
なんか私の日記で出てくる店は、某所がおおいw
もう少し絞って言うと、六本木のとあるバー。
落ち着けるし、結構楽しい。
そして御代もそんなに高くない。(最重要

で、写真の子。
ラムなんだけど、なんか泡盛っぽい。
いや、実際気候とかそこにいる酵母の影響なのか
作り手の趣味なのか。沖縄産のラムってことなんですが
泡盛っていったほうがいいんじゃないかなぁ。



るー(2006/02/27 17:52)
あ、やっぱあるんだ。つい先日「沖縄は砂糖きびあるんだからラムでも造ればいいのに」と話してたばかりだったので:)
・ぶどう(2006/02/28 14:23)
あるよ〜
ちなみにこれ飲んだのは、六本木のメイドバーw
というか、普通のバーだよ。ここは
・かりん(2006/02/28 23:19)
あー!!それはルリカケスのラムですよね?
私も1回飲ませてもらいました。横浜某所で。
ラムと言われなきゃ泡盛と勘違いしますなー

そしてそのメイドバーが気になりますw
・ぶどう(2006/03/01 01:37)
横浜某所ですか〜
大通りか裏道か、どっちでしょうかね?
そうです、ルリカケスですよ〜
やっぱり泡盛ですよね?

まぁ六本木ツアーやりませうw

2006年02月26日(日)

オルタプレイ中

え〜、土曜日は仕事に出ていましたが。
……おわるのか??
なんか、面白いシーンが満載なのだが
何所まで続くのか見えない恐怖。

平日なんてまともにプレイする時間なんて取れないし、
ひょっとすると終わるのは来週末になるのでは???

・ゆ〜り(2006/02/27 10:09)
おわんねー(汗)日曜は終日引きこもってやってましたが、まだたっぷり残ってるっぽい。ネタバレ読むと終盤まであと一息のとこまで来てるみたいなんですが。

というか、遙見て和んだ。それだけで価値あったかも。
・ぶどう(2006/02/27 16:02)
遙和んだねぇ〜
ちょっと黒そうな雰囲気がらぶり〜ww
・るー(2006/02/27 17:56)
賞味22時間で終わったよ(・∀・)
ちと終盤は引っ張りすぎな上にスキップ不可で辛いのでご覚悟を。
・ぶどう(2006/02/28 14:22)
確かに終盤は、結構長かった。
あと、飛ばせないシーンが結構多いのは
確かに微妙かもんぁあ。
まぁゲームとしてみてないので
はじめからほとんどオートで流してたよ

2006年02月25日(土)

オルタ

プレイしてますが、全く終着が見えません。
というか、どのくらい長い作品なんだろう???


まぁ、ここまでのプレイで感じたのは。
これって、超大作仮想戦記アニメ?

2006年02月24日(金)13:28

エロゲ買うなら秋葉原

mabu.jpg 240×800 151K最近ここの日記は飲食に傾斜しているので
本来の姿を忘れていると思ってらっしゃった方。
曲がりなりにも、ここは「君望」をメインとしたサイトです。
エロゲ二次創作作家で頭が不自由な人がやっているサイトです、はい。

ということで、「三年・・・・・・経ったのね」という名台詞とともに
本日発売になりました、age「マブラヴ」http://www.muvluv.com/index.html
本当に長い長い道のりでした。
というか、初期の段階から行くと5年越し?
その辺りの経過>http://www5b.biglobe.ne.jp/~nbdon/kiminozonews.htm

さて本日の秋葉原。天気は曇り、気温は9度・・・・・・寒いねぇ
でも、エロゲ屋の店内は熱いぜ! って感じに、
三日目東館の様相を呈しておりました。
ひどい店になると、歩道に長蛇の列が・・・・・・
すれ違う人たちの手にある、青や黒の紙袋からは聖者の剣が
わんさと突き出ている。
あぁ、日本経済って案外景気いいのね〜とか。

さて、帰ったらプレイです。
付け加えるなら、秋葉原にもお客さんが数件あるので
そこにちゃんと営業回りしてきてますよ?


そういえば、ショップの従業員に聞いたところ
売れ行きはかなり好調とのこと。
「待たされましたしねぇ。でも、続きがあるらしいですよ」
?!
マジデスカ・・・・・・

ageさん、ライフワークにするつもりですかorz


2006年02月23日(木)

丸の内で昼食を〜

viron.jpg 240×640 122K午前中。
知り合いに紹介を受けた客先に訪問。
製氷機が調子悪いらしいと聞いていたのだが、
なんと「昨日」壊れたと。
……いったいなんだこのタイミング。
ということで、リースの書類を書いてもらい
大手町のとあるリース会社に審査の依頼を持っていく。
1・2時間はかかるので、近くで食事をして待っていようと
東京ビルの1Fにある、「VIRON」にて昼食を。
以前の日記にも出てきたこのお店。
もう一店は、東急本店前にあり非常においしいパンを出している。

ということで、噛めば噛むほど味の出るバケットをたべつつ
仔羊のカレー風味リオブール添えを頂く。
あわせて出してくれた白ワインは、シャトーベルティネリ2004
羊特有の匂いが、絶妙な香辛料のバランスでとてもすばらしい香りに。
軽めのワインもなかなかよい感じであっています。
バケットかじりながら、ゆったりと食事。
ここの店、ランチタイムから結構ワインやビール出てるんですよね。
さすが丸の内ってところでしょうか?
春先からはオープンテラス風にとおりに面して開くので
冷えた軽めのワインとともに食事するなんていうのが、
とても楽しみな場所になるでしょうねぇ。


さて、そうこうしている内に審査の結果はOKと連絡が入る。
さっそく客先に戻って、契約を取り交わす。
あまりのすばやさに「はやいねぇ」と驚いてましたが、
数字の少ない営業は、必死なんですよw

ランチがいい祝宴となりました〜

2006年02月22日(水)

七本槍 純米 80%精米

yari.jpg 240×800 158K七本槍(シチホンヤリ) 純米生原酒 精米80%

冨田酒造 滋賀県伊香郡

麹米 玉栄 65%精米
掛米 玉栄 80%精米
酵母 協会7号
アルコール度数 18〜19%
日本酒度 +5.5
酸度 2.0

ラベル情報が非常に多いお酒ですね。
まぁ、いくら書いた所で簡単にまねできるものではないので
これはこれでよいのではないかと。



で、チョコケーキと合わせて飲んだりとしましたが
削りが少ないせいなのか、味がしっかりどっしりしてる。
ちょっとやそっとの料理を持ってきても、受け止めてくれる。
酸味・甘味・香り、すべてが濃厚というよりも一本芯のある
力強さを持っているというか。
以前、六本木で七本槍を飲んだときに上質の酒を造る蔵元さんだな
と思った記憶があるのですが、このお酒も非常に丁寧。
そして、その日の体調によるけど飲みたくなる好みの味。

ルカマンノーリの塩味チョコと合わせると、チョコの甘味の分で
酸味を強く感じますね。が、チョコの塩気と酒自身の旨みは
かなりよい感じにマッチングします。


やはり濃い目のつまみと合わせるといけるかもしれない。
案外塩気の強い、ブルーチーズなんかとも合わせると
面白いことになるかもしれないですね。


2006年02月21日(火)

懐かしい顔に

p_omotesando2.jpg 490×280 46K今日もお仕事関係で、表参道ヒルズ。
何であんな混んだ場所に行かなければ行けないのか
と思いつつも、とても前向きなお仕事なので喜んでいくw

で、思い出した。
以前、横浜でお世話になったカフェのパテシエさんが
ベージュ東京を経て表参道に来ていたことを。
で、思い立ったが吉日、早速訪問。
この辺が、業界に近い営業をやってる利点でしょうか?
さてはて、場所は大雑把に聞き覚えていたので、
営業周りをかねて周辺地区を歩いてみる。
路地にも面白そうな店があって、なかなかに楽しいエリア。

そして見つけたのが、左の写真のような建物。
・・・・・・えっと。カフェとかじゃないの??
という不安とともに、入り口から覗き込むとドアマンが
駆け寄ってくる。
いや、そういうの慣れてるから別に平気なんですが、
軽くカフェって感じでもなさそう。
実際に、カフェは微妙な時間しかやっていないようで
日によっては営業してないとか。
出迎えてくれた方に、知り合いの名前を告げ呼んでいただいた。

おそらく半年ぶりくらいの顔合わせで、懐かしいですねーと
言いながら館内を案内していただいた。
これまたすごいの一言。
床張りの石は、すべてイタリアから輸入の大理石。
色調を合わせた調度品は、華美でなく豪奢って感じ。
まぁ詳しくはこちらを→http://www.bamboo.co.jp/index2.html

あいにく食事は出来ませんでしたが、
今度早い時間にランチでも行きますよということで
本日は引き上げてきました。
近々行ってこようかな〜〜と。


しかし話に聞いた、マンステールのオーブン焼き美味そうだなぁ。


2006年02月20日(月)23:43

さむいさむいアメ

PA0_0063.JPG 240×400 35K都内某所。
といっても、この温度計は知ってる人多いでしょうね。
撮影時刻は14時。
たしか一日の中でもかなり気温が高くなる時間。
・・・・・・
6度ですって。しかも、ぼやけてるのは霧のような雨。
さむい、さむいよ。身も心も懐も。


まぁこんな日でもみんな仕事してるんだから、すごいですよねぇ。

とあるブルワリーの社長と遭遇。(http://www.gargery.com/
この会社のビール。
瓶とか無い樽生のみしか流通していないので、飲食店でしか飲めない。
さらに、都内でしか扱われていない。
じゃあたいした事無いのか?と聞かれれば、断じてNO。
この黒い液体を飲みたいがために、置いてある店に通いたくなるくらい。
http://www.aliceyama.jp/nikki/nicky.cgi?DT=20060126A#20060126A
この日の日記に書かれているそして映っているのが、ガージェリー。
一度見たら忘れられないビジュアルの専用グラス。
そして、ただ脳内反射でいう「とりあえずビール」とは一線を引く
甘味とコクと香りのスタウト。

流通と取扱店とを、メーカーがすべて把握していることの
お客に対しての品質管理はおそらくどこもまねが出来ないのでは?

注文したての写真とともに、もう一度紹介しましょう〜

見かけたら飲んでみて。きっと虜になるはずだから。

2006年02月19日(日)

お暇をいただきます

別にメイドを雇っていたわけでは有りません。
ましてや逃げられたわけでも有りません、えぇ。


とりあえず、体調を万全にということで
今日はのんびりと休日を過ごす。
一人暮らしの身には、週末というのは案外忙しいもので
洗濯やら掃除やらその他の家事をまとめてやらなければいけない。
そんな生活も10年以上続けていれば、それなりに手際なり
やり方のコツが見えてくるもので、午前中にはすべて完了。

午後からは紅茶を飲みつつ、仕事の資料をぐぐって見たり
Web散歩をしてみたり……
飲食系のサイトを見て、評判の店をチェックして営業先の
リストに加えたりとか、まぁちょっと仕事も絡みますが
ネットでたのしんでいましたのですよ。

あとは、TH2関連のサイトを眺めたりして
GWに向けての創作意欲を高めつつあります。
いっそこの際だから、Web公開をして本に再録する
という手も有るのでしょうが、なかなか読みやすいフォーマットが無い。
やっぱり長い文章を読むって言う点においては、
まだまだ本というメディアが有効なんでしょうかね?

さて、また一週間の始まりです。
みなさんもがんばっていきましょう〜〜!

2006年02月18日(土)

スパイス天国で逝こう!

carry.jpg 500×937 84K金曜の夜から、熱が出ており微妙な体調でありました。
早く帰って昼過ぎまで寝ていたところ、かなり復調。
そこにIP経由で「いいスパイス摂らないか?」というお誘い。

熱が出ているにもかかわらず、あまり汗もかかなない状態で
なんとも微妙なところだったので、代謝を上げようと
お誘いに乗ってみることに。
(普段は相当に汗かきなので、かなり悪い状態)

で、非常に美味いと誘われたインド料理屋。
同人&飲食仲間の如星氏(http://luxin.blackcats.jp/)推薦の
店と有っては、はずれはありえない。

私のミスでスタートが遅れてしまい、店に到着したときには
すでに後テーブル1席という滑り込み状態。
周りはおそらく近所と思われる家族連れ、人気のほどが伺えます。

今日のメンバーで醸造酒が飲めるのは自分だけなので、
とりあえず地のものということで、インドビールを。
インドスコッチもあったのですが、辛いの食べるのでビール。
しかし、このあたりはイギリスの連中が持ち込んだ技術なんでしょうね。
ラガー(下面醗酵)タイプで、どちらかというと日本のビールに近い。
ちょっと酸味が強く感じたのは味覚がちょっとボケてたのか?
しかし、イギリスはエールタイプが主だった記憶があるが
記憶違いなんだろうか???

まぁ、その後はスパイス祭り。
タンドリーは、各々に使ってるスパイスが違って味も香りも
さまざまに楽しめる。マトンのドライカレーなんていうのは
マトンのスパイス炒め煮って感じで濃厚な味と香りが
食欲をそそるそそる。
バターの香りと、醗酵して寝かした生地の甘味とが
カリカリにやけた部分の香ばしさでさらに引き立って美味しいナン。
チキンカレーもサーモンカレーも絶妙なスパイス感。
短粒米のレモンライスもさらっと仕上がっていて、
カレーとのマッチングは絶妙。

最後に食べたデザートは(名前忘れた)、牛乳を煮詰めていったものに
スパイスが入ったなんとも不思議な甘味。店主曰く「忍耐が必要」
という言葉が、造り方の全てらしい。
なにやらインドの甘味は、粉類・卵のつなぎを使わないらしいので
ひたすら煮詰めることで固形化していくそうな。
<どうやらデザートの名前は「クルフィ」らしい

ともあれ、これだけのものを食べられるのは久々。
辛いというよりも、香辛料がたっぷり。という食事。
癖になりそうな味でした。


なるほど。最後のほうに店主と話したが、
本気で惚れ込んだ料理をだしてると、ああいうことになるのか
というのを実感しました。
実に素晴らしい!!
ぜひ、再訪問したい店でした。

2006年02月17日(金)23:06

表参道ヒルズ 再訪

miyasita.jpg 180×600 26Kお仕事関係で、表参道ヒルズに再訪。

なんといいますか。一体何所から人が集まっているのやら?
原宿駅から表参道駅までの間、歩道は人の波。
何のお祭り???って感じです。
まぁ、オープンって言うお祭り那訳ですが。

で、せっかく行ったのに手ぶらで帰るのももったいないので
ちょっとばかりお買い物してみました。

「暗闇坂 宮下」の洋食業態。
レジカウンターに、お持ち帰りようのケーキが。

手前の小さい箱が「ガトープリンセス」
判りやすく言うと、チョコケーキ或いはフォンダンショコラ。
そして後ろの細長い箱が「酒ケーキ」
八海山の純米大吟醸を染み込ませたというものらしい。

で、同時に二つあけるのはもったいないので
今日はチョコケーキのほうをいただく。
甘さ控えめでどちらかといえば苦味の強いチョコですね。
口当たりも良いので、食べやすい感じですか。
とはいえ。べらぼうに感動するってところまでは行きませんが。

で、七本槍の純米80%精米ってのを合わせてみたのだが
チョコのにが甘さと、米の酸味と甘味がいい感じに
バランスが取れてなかなかに美味しい組み合わせ。
特に日本酒にあうというケーキではないと思いますが
これもまた一興かなぁと。


しかし、ヒルズは一体いつになったらのんびり買い物が
できるようになるのだろうか……

2006年02月16日(木)

「鯱誉」 レトロ一合瓶

shati.jpg 360×600 181K久野さんちの大吟醸。
愛知の九平次。なるほど「鯱(しゃちほこ)」ですねぇ。
昔のラベルって渋いよなぁ、デザイン。今見ると斬新。

あの、表参道ヒルズ・はせがわ酒店で販売されている
レトロラベル瓶シリーズの1本。
取り扱っているのは、表参道のお店のみ。

ちょっと飲みたいときとか、なかなかよいサイズかも。
当然割高感は否めませんが・・・・・・
スクリューキャップなのですが、ボトルに金属シールが
されているので、ソムリエナイフとかあの手のやつがないと
開けるのは一苦労するでしょうが。
見た感じ、「鯱誉」だけのような気がしましたが。

山田錦 精米歩合40%

ちょっと鼻につくアルコール臭がありますが
嫌味なほど出なく、個性としての主張って感じ。
どちらかというと軽めでさらりと飲める仕上がりでしょうか。

食事と、というよりは。
「寝酒とかの晩酌に軽く一本飲む」
っていうのにいい感じかもしれませんね。

2006年02月15日(水)23:08

本日の主食

PA0_0051.JPG 240×320 27K帰りに立ち寄った、某酒屋さんにて。

私の大好きな「鶴翔」を作っている米鶴酒造さんの
「吟醸うきたむ」をいただく。

えっと、この酒屋さんは別に飲める店ではないのですが
試飲ということでw

牡蠣の味と油を受け止めて、さらに旨みが立つ
なかなかにパワーのある、でも味は果物のような
やさしい、面白い子でした。

2006年02月14日(火)23:29

世間では

どうやらバレンタインデーだったようで。
自分で買ったチョコ以外は、ほとんど収穫なしw
会社の女性陣がまとめて買っていたチョコとか
  でも結構おいしかった〜
お客さんが用意してくれてたチョコとかw

夜は客先の新店オープンで立会い。
メーカーのサービスの方も来て頂いていたので
安心していられましたよ〜。
なかなかに愛想もいいし仕事も早い女性でしたね。
まぁ。結構遅くなってしまったのでその方と
一緒に歌舞伎町方面で食事。
二人して14日に予定がないことを嘆きつつ、
「ま、仕事が入ってたから仕方がないよね」
という、強がりを言っていたりして。


2006年02月13日(月)20:07

東上野2丁目界隈で肉

niku.jpg 180×600 129K本日のランチは肉。それも上カルビ!!
久々に見る、きれいなさしの入ったお肉〜〜

あぁ、これがご飯じゃなくてビールだったら
どんなに幸せだったことか・・・・・・
まぁ、ご馳走になってる上に、ランチタイムなので
贅沢はいえませんw

こういう油がたっぷりの肉のときは、
口の中がさっぱりとするお酒がいいですよね〜
アサヒのスーパードライとか、山崎のソーダ割とか。
炭酸系飲料が欲しくなるのは私だけだろうか・・・・・・

2006年02月12日(日)13:24

夏はもう始まっている

cc70cut.jpg 281×400 33Kさて、全国5万サークルの主催者様。
もう夏の準備は御済でしょうか??

ということで、2006年夏 コミックマーケット70の
申し込みが明日にと迫ってまいりました。
ジャンル移動をどうするかとか、サークルカットが
思いつかないとか、本当に出せるのかとか
悲喜交々だとはおもいますが、戦いは始まっていますw

ということで、当有栖山公園も参加予定です!!
……
えぇ、まだage小説サークルです。「君望」小説サークルです。
ジャンルコード208の説明からも消えたageですが、
うちはまだまだ行きますよw
最後の1サークルまで戦いますっ!!

ってあとは、マブラヴ景気があるかどうかだなぁ…
とはいえ。申し込みの2週間後に発売って、タイミング悪いね。

さすがに慣れてきましたが。
書類不備だけは無いように、気をつけましょうねw

では皆様、夏の有明で会えますように。


オオサンショウウオとクラゲは何のことか判る人だけ
来てくださいませw


2006年02月11日(土)21:45

夕飯はロココチョコレート

PA0_0048.JPG 240×400 32K紅茶は例の青山ティーファクトリーのウバ。
そして手前のグラスに入っているのが、一昨日買った
コロロチョコレートのカルダモン入りホワイトチョコ。

そろそろ青山TFは新茶葉が入荷する予定のはずですが
今のところは自宅にあるストックで月末まで過ごせそう。
ヌワラエリアのいい奴が入るといっていたので、
月末には行かねばw

そして、このホワイトチョコ。
やっぱり笑いがでますよ〜〜
なんというか、すっとするようなぴりっとするような
カルダモン独特の香りが、チョコのまろやかな甘味と
なんとも絶妙なバランスであうのですよ!
むぅ、世の中にこんなチョコがあるなんて、
正直びっくりしました。
手に入れて、食べることができる幸せ〜

ま、こういうセンスのいいチョコをプレゼントしてくれる
彼女が居ないことが悔やまれる訳ですがorz

2006年02月10日(金)09:52

墨廼江 純米吟醸

0211.jpg 180×900 58K墨廼江 しぼりたて純米吟醸
 精米歩合55% アルコール16〜17度

宮城県石巻市 墨廼江酒造

ラベルのBY1号って銀色の箔押し。
今年1番目の醸造って意味らしい。

で、飲んだ印象は。
メロンのような吟醸香、という表現がありますが
まさにそんな感じ。
ちょっと堅いというか青いプリンスメロンって
こんな香りだった記憶がある。
で、味は立ったアルコール臭はそれほど感じず
すっきり目のさらりとした味わい。
舌に残る味わいも、嫌味の無い上品な感じ。

ちょっと油の乗った焼き魚とか天麩羅とか
そのあたりを食べながら飲むにはいい感じかもしれませんね。
あんまり強い味だと、この香りが死んじゃいそうですが。
なかなかに、楽しめそうなお酒です。


そういえば、プリンスメロンって見かけないなぁ、最近。

2006年02月09日(木)22:08

帝都チョコ狂想曲

PA0_0041.JPG 240×400 36K昨日の表参道ヒルズでもらった「DEL REY」のパンフレットを
会社の女子社員に渡して「よろしくね」といったところ、
「嫌」と一言で断られ喜んでいる筆者ですw

さて、このバレンタイン商戦シーズン。
商業主義といわれようと、乗せられてるといわれようと
一年のうちで一番チョコが売れているのは事実。
そして。一年のうちでもっとも多くの種類のチョコを
手に入れられるシーズンでも有るのですよ、隊長!

日本に通常ならショップすらなく販売されていない
海外の有名店がデパートで取り扱われていたり、
国内有名店も、ここぞとばかりに限定品を売り出す。

商業主義万歳! バレンタイン万歳!

ということで。
なぜか、今日は銀座で仕事が終わってしまい
気がつくと銀座松屋の一階特設会場に居ました。
写真を撮るわけにはいかないので、映像でお見せできないのは
非常に残念ですが、それはもう凄い世界。
女性がひしめき合ってチョコを買い漁ってる。
まぁその中に紛れ込んでいく私なのでありますが。

とりあえず、本日の収穫は。
ロンドンに2店だけで、その他では手に入らない「ロココチョコレート」
男性は珍しいの言葉どおり、面白いものを出してくれましたよ。
カルダモン入りホワイトチョコレート。
試食した瞬間笑いました。というか、もうその場で「これは買う、他にも
なんか変り種は無いのか」と聞いてしまうくらい。
カルダモンの香りとホワイトチョコのバランスが絶妙で、
ほんと笑っちゃうくらいしかいいようの無い世界。
アールグレイも特筆物でしたが、もう少し落ち着いたところで
生姜の甘露煮入りチョコを入手。
メインに見せていたベリー系を練りこんだホワイトチョコは
「ご自宅用」として女性陣に売っていましたが。
あれはまさに商売として巧い。というか、それ自体美味いから
自分用で欲しくなるよ.実際。

そしてその隣の売り場の男性もこちらの匂いをかぎつけたのか
「濃厚な赤ワインにあいますよ」とカカオ80%のボディの強い
チョコを試食させてくれる。
「ルカ・マンノーリ」というイタリアのチョコ屋さん。
これがまた、マニアック。「ACQUA」という、海水の塩気がある
かなり不思議なチョコレートがあったり。しょっぱいのに甘い、
甘いのにしょっぱい。

 黙って買え。

といいたくなるくらい、こいつもお薦め品。
酒飲みにはたまらないつまみチョコ満載。楽しい楽しい。
丁度売り場が隣度同士なので3人で少しチョコ談義を。
いやぁ、いい買い物が出来ました。
しばらくはチョコと酒の日々となることでしょう〜〜

とりあえず、もらう側の男性諸氏は一度売り場に行くことを
お薦めします。もらったチョコがいくらくらいなものなのか
勉強になると思いますよ?
というか、チョコがあんな値段するとは思ってない人が
大半でしょうし。


ま、今日の締めくくりとしては、聖ヴァレンティヌスに感謝を、と





蛇足ながら両店の責任者と名刺交換して、
「日本一号店出しましょう」と営業活動していたのは内緒。



http://www.matsuya.com/ginza/topics/0214e_valentine/index.html

2006年02月08日(水)19:54

表参道ヒルズ 初訪問

hills.jpg 400×2240 165K11日グランドオープンに先駆け、プレビューに行ってきましたよ〜
たぶん、大変なことになる予感。いろいろな意味でw

建築的なことはともかく、飲食で面白かったものをいくつか。

はせがわ酒店の3店目の出店。
4合瓶がメインで一升瓶はなし。あと、レトロラベルの1合瓶が
かわいく販売されていました。
立ち飲みカウンターでは常時数アイテムが楽しめるとの話。
オヤジの溜まり場になるのでは?とおもったりして。
今日は十四代と飛露喜でした。
展示されている玄米から30%精米までの段階を見るのも
なかなかおもしろいかも? 30%ってあんなに削れてるのかと。


その隣のナチュラルビートが出店のジェラテリアバール。
エスプレッソはイリーのダークを使ってて結構強め。
でも、ジェラートそのものもかなりしっかりとしたもので
いいバランスかも?
ジェラートは店内だとデセールとなって出てきます。
おおよそ800円から1000円あたり。

和食の宮下が初の洋食出店も見逃せないところですが
並んでいて断念;;
宮下社長も陣頭指揮とってましたよ〜

あと面白いところといえば。地下にあるワインショップ。
20ccから、プリペイドカードを使ったショット飲みを
自由に楽しめるようになっています。
イタリア製のグラスワイン販売機らしいですが、
注いだ後には窒素を充填するらしく、ワインの劣化がないとか。
20cc飲んで気に入れば、ボトルで購入……とか、食事と好きなワインを
適量楽しむとか、いろいろ使えそうです。
アイテム数は40アイテムくらいが入っているようです。
この機械が面白いので、輸入元もチェック済みw どこか売り先有りそうだ。

初出店が目白押しなので、新しい物好きには楽しいかも?


建築的なことを少々。
たぶん、当面は入場制限がかかる懸念が……
来場者数によるでしょうが、根本的に混雑を避けられない
造りになっているのでさらにひどく感じるかと。
まぁよこの写真はへたくそですが、4人並べる程度の回廊で
5フロアがつながっているため、それ以上の人は入れない。
さらに、横に逃げようもない。
一度どこかで流れが滞ると全体に影響が・・・・・・
まるで首都高のような話になるかと?

そのほかには通路に傾斜がついているために、
店舗への入り口に横から見ると  こんな感じで段差がついている。
いや、こんな角度じゃないですけど、イメージ的に。
高いところで0レベルにしてるので、傾斜下でかなりの
段差が出来ている。50mm以上かな? 躓きますよ? こんな設計。
ちゃんと仕上てる店舗も有りましたが、大半は段差つき。
「危険」シール張ってる店もありましたけど、
設計段階から対処しようよ、ね?

あとは、「M302」など位置がわかる表示が壁下にかかれてますが
スパイラル状の回廊なので、現在の階数を把握しにくい。
六本木ヒルズのときにも、「現在地がわかりにくい」というのがありましたが
それと似たような状況。
まぁ、建築デザイン側はそれがサプライズといっているのかもしれませんが。
安藤先生も、なかなかに難しいものを造ったようですねぇ。
まぁ私はいったことが無いので何ともいえませんが、
人によるとNYのグッケンハイム美術館に似てるとか?
回廊型の美術館らしい。


さて、いつまで景気が続くか。
正直疑問視してしまう感があった、表参道ヒルズでした。
ぜひ皆さんの目でお確かめをw

2006年02月07日(火)19:12

シーズンですね〜

isetan.jpg 1200×1600 688Kってことで、仕事中通りかかった伊勢丹を覗くと
特設会場はものすごいことにww

思ったほど面白い店はなかったなぁ。
というか、あまりの人出に見てるのもつらかったので撤収〜

しかし。
あそこで買っている女性のうち、プレゼントにしてるのは
いったいどのくらいいるのだろうか?
なんか自分用の気がするだけど……


会場図は大きいので、遅い回線の人は気をつけてね。

2006年02月06日(月)14:26

昨日の主食

PA0_0016.JPG 240×400 37K東洋美人 純米大吟醸 斗瓶取り

修学旅行のお土産用に確保しておいた日本酒。
近頃うまい日本酒を飲んでいない、日本酒なんて飲めない
とつぶやきの皆さんをひっくり返すために持ち込みました。

さすが山田錦というか、さっぱり目で香り豊か。
飲んだメンバーにもご高評いただけました〜v

もっとも。
アルコール耐性があまりない人が多かったため、
ほとんど一人で空ける羽目になりましたがw

2006年02月05日(日)14:15

本日の修学旅行

PAP_0012.JPG 1600×1200 660KMMORPG「マビノギ」のギルドメンバーで、
修学旅行という名の温泉旅行にいってきました〜〜

場所は河口湖のちょっと上がったところにある貸し別荘。
これがまた、見晴らしのいい場所で〜〜
河口湖と富士山がきれいに見える。
ものっそ寒いけど露天風呂からも富士山。
朝風呂が最高でしたよ!!

晩御飯はみんなでなべを作りつつもぎゅもぎゅ〜〜
大人数で食べるご飯って本当に楽しくておいしいね。
堪能しましたよ〜。

そして、日曜日はハンドクラフトできるところで
みんな各人何かを作る。
私は吹きガラスのグラス〜〜。
冷ますので数日経ってからしか受け取れない。
かなりの人がチャレンジしたのが「銀粘土アクセサリ」
工程の95%が磨くってwww ひたすらごしごしやってる姿は
なかなかに面白いものでしたよ。

ということで、ほんの20時間くらいの集まりだったけど
本当に面白くて楽しくて最高でした!


ん〜〜〜。有栖山でもやろうかなぁ。温泉オフ。

2006年02月04日(土)09:17

本日の宴

83370581_126.jpg 240×400 37K都内六本木某所。

鶴翔純米大吟醸 発泡
これはお店にないものですが、持込させてもらいました〜
すごい発泡性が特徴で、甘みもしっかりしてますが
炭酸ですっきりとした飲みやすさ。
私のお気に入り。

比内鶏白レバ、ささみ、砂肝刺しほか
串焼きなども美味いのがいっぱい有ったのだが、
瞬殺されましたw

堪能しましたよ(=^▽^=)

メンバーも楽しい人ばかりでこれ以上ないくらい良かったのんヽ(゜▽、゜)ノ


2006年02月03日(金)13:20

よく考えると

今日が節分でしたw
まぁそんなもんでしょうってことでww

それよりも、まだやりたいように動かないほうが問題。
あと一息なんだけどなぁ。
デザインはおいおいとしても、それ以前の部分がねぇ

2006年02月02日(木)01:30

本日の問題

ha4.jpg 300×300 32K文字コードかなぁ。。。
なかなか巧く表示してくれない。

2006年02月01日(水)08:28

本日のリニューアル

grp0201092508.jpg 300×300 34Kふむぅ。
CGIベースにもどして、トラックバックとコメント機能をつけて
携帯からの更新も出来るようにしつつあると。
なかなか久しぶりにこういうのいじると楽しいw
HTMLの記述方法完全に忘れてるけどね;;

いや、mixiの更新が結構簡単で思ったよりがんばれたので
同じようにしてみようかなぁ・・・と。

なんか流行(もうすでにおそい)のぶろぐ見たいな感じでw

じょじょに・・・・